2016年12月13日火曜日

オランダの黒いお菓子を食べてみた

うちの日本語学校の生徒に、40代のオランダ人がいる。
彼は、高身長でガッチリとした体格で見た目はイカついおじさんだが、中身はとても紳士。ドーナツやチョコレートを差し入れで持ってきてくれる。

今日は、オランダのお菓子をくれた。
「これはオランダでは有名なお菓子だけど、日本人はみんな美味しくないと言うんだ」
といって、黒い渦巻状の塊を机に置いた。



蚊取り線香のような、幼虫のようなものがオランダのお菓子。
真っ黒で、グミよりも硬い。ソフトキャンディくらい。
匂いは、薬草のような漢方のような感じ。
さっそく食べてみた。
グニグニという感触。歯で噛みちぎる。
口の中でよく噛まないと、一向に溶ける気配はない。
隣で一緒に食べていた職員のおねぇさんが「のど飴食べてるみたい。」という表現が一番しっくり来た。
のど飴をソフトキャンディにした感じだ。
いい経験にはなった。
今度は前買ってきてくれたオランダのドーナツがいいです(笑)

そのあとうちのボスが台湾出張から帰ってきて、
おなじみのパイナップルケーキをもらった。


このパイナップルケーキ、
小さいが、いままで食べた中で一番美味しかった。

事務所にいると、
このように毎日なにかしら食べ物にありつけるのでとてもうれしい日々である。

でも全然太らないのはなぜだ。
太りたいのに。

0 件のコメント:

コメントを投稿